未分類

美容皮膚科でスキンケア


女性なら誰でも、美しい肌に憧れを持ちますよね。スキンケアにも様々な方法がありますが、美容皮膚科でのスキンケア治療をご存知ですか。ただの皮膚科や美容外科となにが違うのか、そう感じた方のためにまずは美容皮膚科についてご紹介しましょう。

美容皮膚科とは、基本的に保険が適用される治療の皮膚科とは違い、自由診療になります。そのため医療費は全額自身で負担することになります。美容外科のようにメスを入れるような手術ではなく、光やレーザーなどの機械を使い治療していくため、大きな傷跡が残ることもありません。美容皮膚科では主に次のような治療が受けられます。シミや肝班の治療、毛穴治療、しわ治療、にきび治療、肌のくすみや張りなどの美肌治療とエイジングケア治療の他、傷跡やあざ、ほくろ、タトゥーなどの除去を行っているクリニックもあります。しかし美容皮膚科とはただしみやしわを取ったり、肌を綺麗にすることだけが目的ではありません。そのしみやしわが出来た原因を調べ、適した治療だけでなく今後繰り返さないためにどうするかを考えて肌の改善をしていくのです。人間はどんなに頑張っても年をとります。二十代前半には細胞レベルの劣化が進んでしまうのです。修復するのも難しくなり、しわやしみは増えていきます。そんな老化を防止するには、やはりしみやしわを綺麗に取り、アフターケアも行って美肌を保っていく美容皮膚科のスキンケア治療をお勧めします。