未分類

光治療とレーザー治療


ここからは美容皮膚科で行われている治療についてご紹介します。まずは多くのクリニックで扱っているレーザー治療について。レーザー治療とは、しみやそばかすなどの患部にレーザーを照射し、かさぶたにして取り除く方法です。レーザーによる単一の長波が効果をもたらします。レザー治療の場合、患部だけに照射するため、正常な皮膚を傷つけることがありません。また威力が強いため、一度から二度の照射でほとんどの効果が出ます。レーザー治療に適応されるのはしみやそばかすだけではなく、あざや刺青などにも利用できます。

これに対し光治療は、幹部だけに照射するのではなく、顔全体に光を照射します。レーザーに比べて光治療は照射の威力が低いため、数回の施術で効果を現します。メリットとしては、種類の違う長波の光を照射するため、しみだけではなく、肌のはりや肌の赤みなど一度に複数の症状を改善することが期待されます。また、レザーよりも光が弱いことで顔全体に照射しても正常な肌にダメージを与えにくいです。

しみとはメラニン色素のことです。メラニンは表皮の最下層の細胞「メラノサイト」というところでつくられます。しみが出来るかはメラノサイトの状態が関わってくるのです。

参照サイト:美容皮膚科でレーザー治療_MAME 大阪心斎橋

 

イオン導入と注射治療

もちろん美容皮膚科で出来る治療方法はレーザーや光治療だけではありません。その他の治療を簡単にご紹介します。

まずはイオン導入。ビタミンCなどの美肌有効成分を肌に塗布し、微弱の電気を流してイオン化させます。これにより塗布した美肌有効成分が肌に浸透しやすくなるのです。その浸透効果は、普通に化粧水を手で肌に塗った時の30倍とも言われます。

そして注射や点滴治療。自分の気になるところに効果のある様々な栄養素を注入する治療方法です。たとえばしみなどが気になる方は、高濃度ビタミンCを注射または点滴することで美肌効果を高めます。それだけではなく、免疫力を高めたり、活性酸素を抑制する効果もあります。またプラセンタ注射もしみやくすみが気になる人には効き目があります。プラセンタにはそれだけではなくしわやたるみ、乾燥、肌荒れにも効果があり、ホルモンバランスを整える働きもあります。それからしわが気になる方にはボツリヌス・トキシン注射がいいでしょう。これをしわの部分に注入することで、しわをなくすだけでなくその部分のしわを予防する効果が期待されます。機器を使って治療をするよりも費用が安く、効き目も早く現れるのでおすすめです。